• このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcstay%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad

当ページの目次

1.Airbnbの経済効果はすさまじい

2.Airbnbの国内登録件数と平均収入

3.国内のAirbnb年間利用者は甲子園球場10コ越え

4.民泊をめぐる2つの法制度

Airbnbの経済効果はすさまじい

民泊仲介サイト最大手Airbnbが、日本国内においての経済効果が年2220億円にものぼるとの調査結果を発表しました。

早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授率いる研究チームによって算出されたデータの様です。

Airbnbの国内登録件数と平均収入

現在の日本におけるAirbnb登録件数は2万1000件にものぼり、近年は毎年倍以上の速度でホスト(民泊経営者)が増加しており、年間52万5000人の方がAirbnbを通して民泊を利用しているとの事で、過去1年間で見ると、毎月約10泊の稼働で日本のAirbnbホストは年間平均95万7000円の収入を得ているということです。

以上の数字はあくまでAirbnbを通しての数字ですから、日本全国の民泊ビジネスの実数ではありません。

しかし…すごい数字です。

国内のAirbnb年間利用者は甲子園球場10コ越え!

52万5000人ですから、超満員の甲子園球場(約48,000人)が10コでもまだAirbnbを利用した人の数の方が多い事になります。

Airbnbは政府に時代に合った法整備を求めるとの事ですが、現在日本においては2つのベクトルで民泊に関する法整備が進んでいます。

民泊をめぐる2つの法制度

1つめは、弊所ホームページでもご案内している「外国人滞在施設経営事業」

これは現行の「旅館業法を適用除外」する形で民泊に対応しようとするものです。

しかし、この外国人滞在施設経営事業は、そもそも国家戦略特区でなければいけませんし、さらにそこから条例等の法整備が必要と、日本何処でも民泊が合法的に運用できるようになる訳ではありません。

2つめは、先日の記事でもご案内した「民泊に関する新法制定もしくは旅館業法改正」というベクトルです。

詳細は定かではありませんが、厚生労働省と国土交通省が動いているようで、2016年4月の運用開始を目指しているとの事です。

現時点では、日本国内で一番早く民泊の許可(認定)制度が動き出すのは東京都大田区(2016年1月予定)でほぼ間違いないでしょう。(外国人滞在施設経営事業としての民泊です)

次が、大阪府の外国人滞在施設経営事業の運用開始(2016年4月予定)、民泊に関する新法制定もしくは旅館業法改正(2016年4月予定)、どちらが早いか?という所でしょう。

新法を成立させるにしても、旅館業法を改正するにしても、根拠法令から下位法令まで決めなければならない事は山積みですし、建築基準法等の関係法令との調整や、各地域に合わせた条例の制定等も必要になります。

約5ヶ月の間でそこまでの法整備が整うのかは疑問ではありますが…。

大阪府下で民泊許可(外国人滞在施設経営事業特定認定)ができる地域

民泊・簡易宿所関連の各サービス・お問合せについて

民泊セミナーについて

当事務所では不定期に「民泊セミナー」を開催しております。 詳細は以下のページよりご確認下さい。 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcstay%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad

民泊に関する御相談やお問合せ

無料相談 メールでの相談のみ無料とさせて頂きます。 (1往復)※弊所へのご依頼を前提とした具体的なご相談に限ります。一般的な法の扱い等については各行政機関にお問い合わせください。
有料相談 電話・対面での相談は有料とさせて頂きます。(5,000円/1時間) ・有料相談を御利用の場合、予め当事務所までご予約をお願い致します。 ・出張相談の場合は別途交通費を請求させて頂きます。 ・有料相談を御利用頂き、簡易宿所・民泊許可申請を弊所にご依頼頂いた場合。相談料分を業務報酬より割引致します。 ・相談料のお支払は事前振込、もしくは現金でのお支払いのみとさせて頂きます。
民泊セミナー情報 民泊や旅館業(簡易宿所)に関するセミナーを開催して行きます。 セミナーでは最新の情報を交えながら、申請に関する情報を中心にお話しいたします。・セミナーに関する情報はコチラからご確認下さい。
1営業日以内に返信が無い場合、メールの不着が考えられます。大変お手数ですが、再度のご送信若しくはお電話にてお問合せ下さい。平日☎06-6195-3325 土日祝☎070-6929-7547
お名前
(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号
(必須)
お問合せ内容(必須)