• このエントリーをはてなブックマークに追加

民泊セミナー新着下

当ページの目次

1.民泊許可の大前提は、国家戦略特区

2.国家戦略特区の目的

民泊許可の大前提は、国家戦略特区

民泊許可(外国人滞在施設経営事業特定認定)は国家戦略特区内でなければ取得する事ができません。(特区であったとしても更に民泊条例等の各種法制部が必要)

民泊許可の大前提である国家戦略特区。なんとなく特別な区域なんだろうという事は想像は付きますが…

具体的にはどのようなものが国家戦略特区なのでしょうか?

国家戦略特区の目的

この法律は、我が国を取り巻く国際経済環境の変化その他の経済社会情勢の変化に対応して、我が国の経済社会の活力の向上及び持続的発展を図るためには、国が定めた国家戦略特別区域において、経済社会の構造改革を重点的に推進することにより、産業の国際競争力を強化するとともに、国際的な経済活動の拠点を形成することが重要であることに鑑み、国家戦略特別区域に関し、規制改革その他の施策を総合的かつ集中的に推進するために必要な事項を定め、もって国民経済の発展及び国民生活の向上に寄与することを目的とする。

これだけ長文になると何が言いたいのかボヤケテしまう感もあります…かなり大雑把ですがまとめてみました。

①日本が国際的な経済発展を遂げるために
②国が経済力や国際競争力の向上に力を入れる地域を定めて
③その地域に規制緩和やフォローアップをしていことにより
④国民が儲かるように手助けをしましょう。

という事です。

ですから、国民は規制緩和などにより新たなビジネスチャンスが広がったり、既存ビジネスの拡大が期待できるという事になります。

その中に民泊ビジネスに関する「旅館業法の特例」が定められているのです。

この制度を利用する事により、旅館業の許可を得ずに民泊施設を営業する事ができるようになります。

(民泊は、本来旅館業の許可が必要になります。旅館業についての解説ページ)

大阪府下で民泊許可(外国人滞在施設経営事業特定認定)ができる地域

民泊・簡易宿所関連の各サービス・お問合せについて

民泊セミナーについて

当事務所では不定期に「民泊セミナー」を開催しております。
詳細は以下のページよりご確認下さい。
セミナー告知 キジナカ

民泊に関する御相談やお問合せ

無料相談 メールでの相談のみ無料とさせて頂きます。
(1往復)※弊所へのご依頼を前提とした具体的なご相談に限ります。一般的な法の扱い等については各行政機関にお問い合わせください。
有料相談 電話・対面での相談は有料とさせて頂きます。(5,000円/1時間)
・有料相談を御利用の場合、予め当事務所までご予約をお願い致します。
・出張相談の場合は別途交通費を請求させて頂きます。
・有料相談を御利用頂き、簡易宿所・民泊許可申請を弊所にご依頼頂いた場合。相談料分を業務報酬より割引致します。
・相談料のお支払は事前振込、もしくは現金でのお支払いのみとさせて頂きます。
民泊セミナー情報 民泊や旅館業(簡易宿所)に関するセミナーを開催して行きます。
セミナーでは最新の情報を交えながら、申請に関する情報を中心にお話しいたします。・セミナーに関する情報はコチラからご確認下さい。

1営業日以内に返信が無い場合、メールの不着が考えられます。大変お手数ですが、再度のご送信若しくはお電話にてお問合せ下さい。平日☎06-6195-3325 土日祝☎070-6929-7547

お名前
(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号
(必須)
お問合せ内容(必須)