• このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcstay%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad

当ページの目次

1.そもそも定期借家とは?

2.民泊と定期借家の関係性

3.「大阪府」の旅館業と定期借家の取り扱い

そもそも定期借家とは?

定期借家制度というのは契約期間の満了により確定的に契約が終了する借家制度の事です。

普通の借家契約とは何が違うのか?という点ですが

普通の借家制度であれば「貸主」は正当な事由が無ければ解約や借主からの契約更新を拒むことができません。(借主保護)

これに対し
定期借家制度というのは契約期間の満了と共に確定的に賃貸借契約が終了する賃貸借契約の事です。いわゆる「ウィークリーマンション」等で有効な契約の形態と言えます。
(1年未満の契約期間でも効力が発生。)
この定期借家というのは「書面による契約に限る」「更新が無く期間の満了により終了する」ことを契約書とは別にあらかじめ書面を作成し、かつ交付及び説明を行わなければならず、通常の賃貸借契約より契約に至るまでの手間が必要な制度です。

参照サイト 定期借家推進協議会

民泊と定期借家の関係性

民泊施設を定期借家制度を利用して運営すれば、「旅館業」に該当しないのでは?という疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかと思います。

旅館業法上、契約の形態は特に明記されておらず「定期借家契約」を利用しているから「旅館業」に該当しないというのは少々無理があります。

以下、大阪府の取り扱いを掲載いたします。

「大阪府」の旅館業と定期借家の取り扱い

ウィークリーマンションとして扱うのは、次の項目すべてに該当する施設であり、1つでも欠ける時は、旅館業として扱われます。

① 利用手続 : 所有者と利用者が賃貸契約を締結する

② 部屋の維持管理 : 利用者が責任を負う

③ 寝具類 : 寝具、リネン類を提供しない(但し、備付ベッドは除く)

④ 水道光熱費 : 電気、ガスメーター等を各個室に設置し、別途精算する。

⑤ 利用日数 : 1週間以上の利用を原則とする

⑥ 営業形態 : ホテル、旅館、宿、宿泊等旅館業と紛らわしい内容を標榜しない。

民泊・簡易宿所関連の各サービス・お問合せについて

民泊セミナーについて

当事務所では不定期に「民泊セミナー」を開催しております。 詳細は以下のページよりご確認下さい。 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcstay%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad

民泊に関する御相談やお問合せ

無料相談 メールでの相談のみ無料とさせて頂きます。 (1往復)※弊所へのご依頼を前提とした具体的なご相談に限ります。一般的な法の扱い等については各行政機関にお問い合わせください。
有料相談 電話・対面での相談は有料とさせて頂きます。(5,000円/1時間) ・有料相談を御利用の場合、予め当事務所までご予約をお願い致します。 ・出張相談の場合は別途交通費を請求させて頂きます。 ・有料相談を御利用頂き、簡易宿所・民泊許可申請を弊所にご依頼頂いた場合。相談料分を業務報酬より割引致します。 ・相談料のお支払は事前振込、もしくは現金でのお支払いのみとさせて頂きます。
民泊セミナー情報 民泊や旅館業(簡易宿所)に関するセミナーを開催して行きます。 セミナーでは最新の情報を交えながら、申請に関する情報を中心にお話しいたします。・セミナーに関する情報はコチラからご確認下さい。
1営業日以内に返信が無い場合、メールの不着が考えられます。大変お手数ですが、再度のご送信若しくはお電話にてお問合せ下さい。平日☎06-6195-3325 土日祝☎070-6929-7547
お名前
(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号
(必須)
お問合せ内容(必須)