• このエントリーをはてなブックマークに追加
%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcstay%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad

当ページの目次

1.そもそも、マンション管理規約とは何ですか?

2.国土交通省が特区民泊とマンション管理規約について見解を示しました。

3.管理規約を民泊仕様に変えることはできますか?

そもそも、マンション管理規約とは何ですか?

分譲マンションには「管理規約」が存在します。管理規約というのはそのマンションのルールを定めたものです。
この管理規約にはオーナー(区分所有者)の権利義務等の基本的な事柄が定められている他、共用部分の範囲やマンションの使用方法、理事会について等々、マンションの管理に必要な事柄も合わせて定められています。

この管理規約は、国土交通省がひな形として「標準管理規約」というものを公示しており、その第12条に「専有部分の用途」という条文が存在しています。

第12条
区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。

この条文が特区上の民泊許可(外国人滞在施設経営事業特定認定)にも影響を与える事となりそうです。
※標準管理規約は必ず使用されている訳ではなく、各々のマンションごとに独自に定める事ができますから、独自の管理規約を定めている場合は民泊許可に影響がないケースも御座います。

国土交通省が特区民泊とマンション管理規約について見解を示しました。

2015年12月22日の定例会見におきまして、民泊許可(外国人滞在施設経営事業特定認定)とマンション標準管理規約について国土交通省の石井大臣は以下の見解を示しました。

国土交通省としては、マンション標準管理規約では、「専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。」とされておりますけども、こういった規約のあるマンションで、特区民泊を実施する場合には、管理規約の改正が必要になると考えております。

ですから、標準管理規約を採用している分譲マンションで、民泊を行う場合は「管理規約の改正が必須」という事になります。

管理規約を民泊仕様に変えることはできますか?

じゃあ、管理規約を民泊仕様に変更してしまえば良いのでは?という意見も聞こえてきそうです。

確かに、管理規約はルールですから法律と同じように変更をすることができます。
しかし、管理規約の改正には「区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数による総会の決議」が必要になります。(区分所有法第31条1項)

ですから、一部のオーナーが規約を変えたいと思い、規約の変更に声をあげたとしても、現実的には難しいでしょう。

分譲マンションでの民泊許可(外国人滞在施設経営事業特定認定)をご検討の際は「マンション管理規約」を必ず確認するようにしましょう。

民泊・簡易宿所関連の各サービス・お問合せについて

民泊セミナーについて

当事務所では不定期に「民泊セミナー」を開催しております。 詳細は以下のページよりご確認下さい。 %e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bcstay%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%ad

民泊に関する御相談やお問合せ

無料相談 メールでの相談のみ無料とさせて頂きます。 (1往復)※弊所へのご依頼を前提とした具体的なご相談に限ります。一般的な法の扱い等については各行政機関にお問い合わせください。
有料相談 電話・対面での相談は有料とさせて頂きます。(5,000円/1時間) ・有料相談を御利用の場合、予め当事務所までご予約をお願い致します。 ・出張相談の場合は別途交通費を請求させて頂きます。 ・有料相談を御利用頂き、簡易宿所・民泊許可申請を弊所にご依頼頂いた場合。相談料分を業務報酬より割引致します。 ・相談料のお支払は事前振込、もしくは現金でのお支払いのみとさせて頂きます。
民泊セミナー情報 民泊や旅館業(簡易宿所)に関するセミナーを開催して行きます。 セミナーでは最新の情報を交えながら、申請に関する情報を中心にお話しいたします。・セミナーに関する情報はコチラからご確認下さい。
1営業日以内に返信が無い場合、メールの不着が考えられます。大変お手数ですが、再度のご送信若しくはお電話にてお問合せ下さい。平日☎06-6195-3325 土日祝☎070-6929-7547
お名前
(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号
(必須)
お問合せ内容(必須)